水道水漏れから生まれるご近所トラブルを避けよう

プロの手を借りる

水道水漏れは自分だけの問題ではありません。時には他人に迷惑をかけることもあるでしょう。日常的に点検を行い、自分ではどうにもできない問題が発生したらプロの手を借りると良いです。

修理業者が修理を開始する前にやるべきこと

  • 現地調査を行う
  • 見積もりをとる
  • 作業内容を伝える

水道水漏れから生まれるご近所トラブルを避けよう

蛇口

トラブル防止に繋げる

水道水漏れによるご近所トラブルは留まることを知りません。そのほとんどが賃貸物件で起こっています。水漏れを放置していると、下の階まで水が浸透してしまうこともあるのです。自分の部屋だけならまだしも、他の住人にまで迷惑をかけないようにしましょう。

見えない部分も注意

水道水漏れで床が濡れていた場合、拭くだけで安心する人は多いのではないでしょうか。実は、床下などの見えない部分に水が残っていることもありますので、一度業者に確認してもらうのが一番です。古い物件なら、床がふやけて底が抜ける危険性も考えられます。

掃除する大切さ

キッチンや洗面台など、蛇口のあるところには必ずと言って良いほどS字型のパイプが繋がっています。これは別名で配管トラップと呼ばれており、このS字型が悪臭やガスの侵入を防いでいるのです。ゴミや汚れが溜まりやすい箇所でもあるので、日頃からこまめに掃除するようにしましょう。

資格が求められるほど難しい

人々の生活にお湯は欠かせませんが、給湯器の調子が悪くなることもあります。給湯器の内部が水漏れを起こすことも考えられますが、給湯器の修理が行えるのは専門の資格を持った人でなくてはなりません。自分で修理できないのであれば、専門業者に任せるのが一番です。

問い合わせから修理に移るまでの流れ

修理の前には調査訪問

まずはお問い合わせからスタートします。水道水漏れを始め、どんな症状で困っているのかを具体的に伝えましょう。その後、修理業者の加盟店が調査訪問を行う流れが一般的です。現場の状況を見て、それから見積もりへと移ります。

見積もりに納得したら契約

加盟店による調査が終了した後、見積もり価格が出されます。また、お得なプランも紹介してもらえるでしょう。それに納得したら契約に進みます。もし納得できない場合は、他の業者に問い合わせるところから再スタートさせましょう。

最後まできちんと確認

実際に修理を行う際には、訪問調査の際に説明した通りの方法かどうかを確認します。見積もり価格に変動がないかも確認し、しっかりと修理を終えた後に支払いへと移りましょう。

広告募集中