早めの対処が大事

水漏れの原因は様々ですが、発生した場合はすぐに修理業者に依頼するようにしましょう。戸建てと賃貸物件とでは対処法も変わってきますので、周りに迷惑をかけない生活を心がけましょう。

水回り修理が必要な状態を見極めて業者に依頼しよう

工事

色々と確認していこう

大阪を始め、全国的に水回りのトラブルに強い水回り修理業者は数多く存在するので、依頼前にまずは症状別の修理費用を確認します。あと、業者の実績を確認することも大切です。また、大体の業者が補償期間を設けているので、何年間の補償があるのかで判断するのも良いでしょう。

業者を呼べば安心

水回り修理と言っても色々あります。場所としてはトイレや浴室、キッチンや洗面所などが一般的でしょう。修理業者は24時間受け付けていることが多く、突然のトラブルでも時間を気にせずに連絡できます。水回り修理業者が到着すると、症状を確認してそれに適した修理法を導き出してくれます。見積もりはこの段階で決まるので、実際に修理が始まってから追加料金が発生することはほとんどありません。見積もりに関しては無料で行ってくれるので、それで納得いかなかったら依頼を取り消しても大丈夫です。

相談して決める

水漏れ修理では蛇口交換が行われることが多いです。特にキッチンや洗面所などのトラブルは蛇口が原因となるでしょう。詰まりや寿命などで調子が悪くなることがほとんどです。修理が難しかったり、新しい蛇口に交換した方がお得だったりする場合もあるので、業者と相談し合いながら進めていきましょう。

[PR]
水回り修理を依頼する!
早めに直しておこう♪

蛇口の種類

  • ワンホールタイプ
  • ツーホールタイプ
  • 壁つけタイプ

原因を探る

水回りのトラブルが起こる際には必ず原因があります。対処法を知るきっかけにもなるので、トラブルの内容から原因を探りましょう。

水道水漏れで考えられる原因・ベスト3

no.1

パーツの古さを確かめる

パッキンが古くなっていると、蛇口を強く閉めても水漏れが発生します。パッキンは年数経過と共に老朽化していくものなので、定期的に交換すべきパーツだと言えるでしょう。

no.2

蛇口本体に問題発生

蛇口ではなく蛇口の根元などから水漏れが発生した場合、パーツの問題ではないかもしれません。蛇口本体が古くなると根元から水漏れが起きることがあるのです。ですので、本体を交換する必要が出てきます。

no.3

詰まりも視野に入れよう

排水パイプや水道管が詰まることで、水漏れが発生しやすくなります。パッキンや蛇口本体を新しいものと交換したのにも関わらずトラブルが続くのであれば、老朽化ではなく排水パイプや水道管の詰まりが考えられるでしょう。

[PR]
水漏れ修理を依頼
プロがすぐに駆け付けてくれる

[PR]
水漏れトラブルを即解決!
セルフじゃ×業者に相談しよう

[PR]
水道水漏れのトラブル
無料で相談できる

広告募集中